幻の郷(さと)(Dream-Land)

阿部保訳 ポー詩集から。先に公開しとこっと。

  夜という妖怪が、真黒い王座によって
  悠々とあたりを(おお)
  只悪心の天使ばかりうろつく、
  朦朧(ぼんやり)と淋しい道を通り、
  遠く仄暗(ほのぐら)いチウレから――
  空間と時間を超えて
荘厳にひろがる荒涼と怪しい郷から
    (ようや)く私はこの国に着いた。

続きを読む "幻の郷(さと)(Dream-Land)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星の時計の何ぞ何ぞ

『星の時計のLiddell』 では、ヒューに名前を尋ねられた少女が「リ・ド・ル」と答える。
それが、後で、ウラジーミルの思考の中で「謎(リドル)」であることがわかり、
更に、ヒューの回想の中で、「謎々(リドル)(はぁと)」だったことがわかる。

riddleの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

不可解なもの[人].
用例 He's a riddle to me. 私には彼という人物はわからない.

そんな意味もあるのね。

続きを読む "星の時計の何ぞ何ぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヒャエル・エンデのモモの謎々

三人のきょうだいが、ひとつの家に住んでいる。
ほんとうはまるでちがうきょうだいなのに、
おまえが三人を見分けようとすると、
それぞれたがいにうりふたつ。
一番うえは、いまいない、これからやっとあらわれる。
二番目もいないが、こっちはもう家から出かけたあと。
三番目のちびさんだけがここにいる、
それというのも、三番目がここにいないと、
あとのふたりは、なくなってしまうから。
でもそのだいじな三番目がいられるのは、
一番目が二番目のきょうだいに変身してくれるため。
おまえが三番目をよくながめようとしても、
そこに見えるのはいつもほかのきょうだいだけ!
さあ、言ってごらん、
三人はほんとうはひとりかな?
それともふたり?
それとも―――だれもいない?
さあ、それぞれの名前をあてられるかな?
それができれば、三人の偉大な支配者がわかったことになる。
彼らはいっしょに、ひとつの国をおさめている―――
しかも彼らこそ、その国そのもの!
その点では彼らはみなおなじ。

続きを読む "ミヒャエル・エンデのモモの謎々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)