« 漫画のコマの引用は可らしいので | トップページ | 「ソムニウム夜間飛行記」的配置 »

薔薇の樹の花のほとりに

Dsc_0512

薔薇(ばら)()(はな)のほとりに (かれ)は その()も優しく (かた)って ()った

『海にいる黄色い船から君へ』の亜里のイメージが印象に残っているため、葵(あっちゃん)の大人になった姿と思ってたのだけど、髪にまで薔薇があり、すっきりとした立ち姿と、右手に薔薇の花束、左手には薔薇を一輪と、薔薇づくしなので、薔薇の精にも思えた。

薔薇の木のほとり。
そこには、少年の墓があるように思う。
だから、少年は小さく描かれていて、星くずのようなものは、遺灰のイメージも重なってるかと思う。

薔薇の精と墓。
それに、薔薇を抱えて墓参りにくる葵(あっちゃん)を重ねてしまうのは、相互依存システムの起動、かな。

|

« 漫画のコマの引用は可らしいので | トップページ | 「ソムニウム夜間飛行記」的配置 »

星の時計の内田善美」カテゴリの記事

コメント

詩情あふれるお墓の表現!
だとしたらなんて素敵なんでしょう。
悲しみも大きく包み込む優しさと温かさを感じます。

投稿: haruchonns | 2013/07/16 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2740/57780448

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇の樹の花のほとりに:

« 漫画のコマの引用は可らしいので | トップページ | 「ソムニウム夜間飛行記」的配置 »