« 蒼生人・浅葱と青の肖像Requiem | トップページ | 星の時計の何ぞ何ぞ »

草迷宮・銀色の糸・草空間

以前Excelで作っていた図
http://www.cross-road.jp/uchida20101011/uchida_yoshimi_san20101011.htm
を無料のGoogleドキュメントを使って、 そんなタイトルで、作り直した。
Firefoxだと拡大出来るのだけど、IEインターネットエクスプローラじゃ拡大してもスクロールが出来なくて見づらい。

草迷宮・銀色の糸・草空間
https://docs.google.com/drawings/d/1WEv8-9a1-PV0yqDTAoouramBETAZVAjV5HMDBOZhuAE/edit?hl=ja

 古い2003バージョンのEXCELしか持ってないし、htmlに吐き出して文字エンコーディングを修正して、EXCELが入ってるPCでそっちのソフトで立ち上がらないように修正して、確認して、アップロードして、を何度も繰り返すから、修正する気にもならなくて。最近、Googleドキュメントの図形描画で書き始めてみたら、全体が収まりそうなことにびっくり。無料を素直に喜べないから避けたかったけど、諦めて使うことにする。

内田善美氏作品等 一覧
https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0Ar2oopVQCqcBdHZPaEVPaGp5eFl4WnhvbkhqN1djRlE&hl=ja

 見直してみて本として出版する順番が、ただの発表順じゃないのも興味深いなと思った。
 最初の本の第一話。『星くず色の船』では「お嫁さん」となるべく母親祖母にレールを敷かれていた女の子が天文学者になる夢を持つことになる。
 内田善美氏は漫画を「伝える手段」として使われてると思った。
 表現手段ではなく、伝える手段。内側にある多くの知識や価値観を切り出してきていて、そのほんの少しを見せていただいてる気がする。

 国会図書館くらいでないとお目にかかれない『銀色の糸』。
 話の最後、森で迷った少女と少年。少年は釣り糸を少女に持たせ、出口を探す。待っていた少女は、一緒に行くと言う。

ぼくが……大人になって ヨットを手に入れたら―― 蝶を追って東へ東へ

船、蝶、東、と気になる単語。ルシアン。Russian なら「ロシア(人、語)の」という単語みたいだけど。

10月の風の中 落ち葉が蝶のように舞う そのむこうで "いっしょにいこう 約束したよ" ルシアンは はずかしそうに 笑ってた……

"いっしょにいこう 約束したよ"
その言葉は、デビュー2作目の「内田クン」が読者であるファンに向けた言葉にも思えたから、引っかかってた。

 作品の本への収録も発表の順番通りじゃないから、最後の作品が『草空間』だし、迷宮も謎が解けたら、ただの込み入った空間となるなぁと思ったら、それらを『銀色の糸』でつなぐ美しく見えた。張り巡らされた『銀色の糸』をたぐっていけば、「ドリームランドの船」世界が完成するように思う。
 内田ワールドという言葉は違和感。ただの空想と≒(ニアリーイコール)に思えるから。

「子供は未来からの客人だ」
自分が決して見ることのできない未来社会で生きる人間たちだ。その未来人たちが過去を学びにやって来てるんだ
だから いい持てなしをしてやりたい 未来に帰って幸福なみやげ話ができるように

 「ドリームランドの船」の中で、年令不明の男性が語ってくれた話、ってどうかな。
 ミヒャエル・エンデのモモが、汽車の中で語られた話とされたように。

 今回図を作り直して、スコっと抜けてた寺山修司さんを入れることが出来た。泉鏡花さんのお名前も(さん付けも変な感じ)。

 内田善美氏はペーパームーンの『泉鏡花・妖美幻想の世界』の表紙に夜叉ヶ池の主、白雪姫を描かれている。
作品の中の

雪なす羅(うすもの)、水色の地に紅の焔を染めたる襲衣(したがさね)、黒漆に銀泥、鱗の帯、下締なし、裳(もすそ)をすらりと、黒髪長く、丈に余る

を再現されているんですよね。図書館のカラーコピーだと、まだ、お手頃な価格なので、見ていただきたい作品。

ひとまず。。。

|

« 蒼生人・浅葱と青の肖像Requiem | トップページ | 星の時計の何ぞ何ぞ »

星の時計の内田善美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2740/57537516

この記事へのトラックバック一覧です: 草迷宮・銀色の糸・草空間:

« 蒼生人・浅葱と青の肖像Requiem | トップページ | 星の時計の何ぞ何ぞ »