« タイトルの謎々(リドル) | トップページ | 天川三兄弟・天降る月人 »

青・肖像・星の時計のLiddell・草迷宮

 前に、つらつらっと書いた、「内田善美氏と青の肖像(NOVELA)・・・ぱーと4」。

 それぞれの作品と、その中の印象に残っているものを、「星」に見立てて、星を結んだ星座のように、抜き出してみた。

P20101013uchida3ao

 本当に「星座」に似ている。無秩序にまたたく星と見れば、ただ、それだけのもの。
 星の美しさをたたえるのみか。
 あるいは、星への科学的なロマンを語るか。
 星座と見て、伝えようとされていた話に思いを巡らせよう、書き残していこうというのが、ブログのタイトルに入っている『時への航海誌』・・・となりつつあるかも。

 3日坊主になりそうな航海誌という話もある、か。たまにしか書けないから・・・航海日誌じゃなK、航海月誌だの、航海年記だのかも。

空の色ににている
 蒼生人浅葱
 冬城が書いた絵。そこに描かれた人。一人に見えて、互いに相手が描かれていると思っていた。
 の名前を持つ、重なり合う二人。

『草迷宮めらんこりあPART4
 雑誌掲載時から、このタイトル。
 草空間の方は、『草迷宮PART2草空間めらんこりかるshopping』
 文字の大小でメリハリは、ついているけど、草迷宮でしかなかったものが、「PART1」と呼ばれそうな状態になると、もともと付けられていたPART4の奇妙さが際立ってくる。

 だから、「隠し抽斗(ひきだし)」。
 奇妙に見えていたものが、NOVELAの「青の肖像」と繋がっていて、意味を持ってるんだって、わかって、ポン。
 「隠し抽斗」が開いた。

 迷宮が、空間となった。
 草という名。
 「より早く」の早にクサかんむりをかけた漢字。
 『草冠を編む半獣神』。
 ここにも、隠し抽斗

 あと、冬城という名前と幽霊屋敷を近くに配置したけれど、『星の時計のLiddell』が、「明日からは冬」という季節で終わり、という文字も、冬城がもう一人の幽霊になった男であるわけだから、くっつけたくなります・・・よね。

 重なり合う二人の絵を残していった冬城と、二人(ヒューと少女)を表紙にして残していった内田善美氏ですもん。

 『星の時計のLiddle』の少女Liddleと、『草迷宮・草空間』の表紙の、市松人形だった、ねこという組み合わせの二人というのもある。これは、これで正しい。それも、また、別の星座として、抜き出そう。

 前に作った全体像。
 【内田善美作品関連20101011】
Image0051

|

« タイトルの謎々(リドル) | トップページ | 天川三兄弟・天降る月人 »

星の時計の内田善美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2740/57537512

この記事へのトラックバック一覧です: 青・肖像・星の時計のLiddell・草迷宮:

« タイトルの謎々(リドル) | トップページ | 天川三兄弟・天降る月人 »