« 2009年11月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年1月の1件の記事

タイトルの謎々(リドル)

『海にいる黄色い船から君へ』
『かすみ草にゆれる汽車』
『五月に住む月星』

 この3作品のタイトル、「日本語的に奇妙」だと違和感を感じた人は、どれくらい居るものなのだろう。
 違和感を感じた後、考えて答えに辿り着いた人は、どれくらい居るものなのだろう。

 答え(一つの、ではあるが)を書いてしまうことは、内田善美氏が作っておいた「隠し抽斗(ひきだし)」・・・『ゲイルズバーグの春を愛す』の「愛の手紙」にあるヤツ・・・を開けてしまうようで、答え(一つの、である)を目にされることで、「隠し抽斗(ひきだし)」そのものを見つけた時の驚き、感動、あるいは戦慄、を感じる機会を失わせてしまうように思う。
 戦慄。1879年に撮られた少女の写真をアンティークショップで見つけた時ヒュー・バイダーベックが感じたような。
 ネタバレ厳禁の某表現者に慣らされてしまっているが故の自主規制かもしれないけれど。

 ギフトボックスを渡されて、「これ、ビックリ箱だけど、カクカクシカジカな物が入ってて飛び出してくるから」と言われたら、もうそれは「ビックリ箱」ではない。分類、名称としては「ビックリ箱」ではあるから言葉としては正しい。
 ある種の仕掛けが組み込まれた箱という意味のビックリ箱。
 でも、開けた人をビックリさせるという役目を果たすことのなかった、単なる仕掛け箱。
 だから、「ビックリ箱」ではない、だ。

 ネタバレというのは、役目を果たすよう配された表現があるにもかかわらず、その役目を台無しにして伝達していくことなんだと思っている。
 伝達時に「?→!」を「??→!!」や「???→!!!」にも出来なくもないのだけど、互いの読解力や経験やら感性やらが問われてくるので簡単ではない。

『かすみ草にゆれる汽車』
 2番目にあげた『かすみ草にゆれる汽車』。
 かすみ草が咲き乱れる草原に、汽車が止まっていて、かすみ草がユサユサ揺さぶっているって、どんな恐怖映画、SF映画なんだって思ってしまう。
 走る汽車と、ゆれるかすみ草。
 『汽車にゆれる かすみ草』。
 汽車に乗ってい人が表現するならば、「ゆれる汽車」なら正しい。車窓からかすみ草が見えているなら、 『かすみ草とゆれる汽車』。
 『に』ではなく『と』なら、正しいと思う。

 主人公の幼馴染、片思いの少女の名前がカスミソウの英名のジプソフィラ。
 彼女が思いをよせるのが新聞記者。
 故に「ジプソフィラに(心)ゆれる記者」あたりが正しい文章。
 これは、作品の最後に「かすみ草」にジプソフィラとフリガナを振ってあるのが、謎々の「答え」というところだろう。

 題名の謎、違和感のある言葉遣いは、何かが、そこにあるという、サイン。
 知識と聡明さを持ち合わせ、構築されたものを作る人、作れる人が、作品の大切な題で言葉の間違いなどするわけがない。

『海にいる黄色い船から君へ』
 この作品のタイトルや台詞の言葉遣いの裏がわかった時、愕然として、頭によぎったものを、打ち消そうとした。

 まさかと思ったけれど、『かすみ草にゆれる汽車』という初級編とも思えるものがあった(収録された単行本のタイトルになっているので常に目にするようになっていたというのも、うなってしまったのだけど)。
 加えて、『ソムニウム夜間飛行記』という『写真集』の存在。
 実体・実像と『ネガ』と『ポジ』。
 実体・実像=内田善美氏が持つ深く広い知識と世界。あるいは、現実世界。
 『ネガ』=作品になる前、現像(作品化)する前のもの。
 『ポジ』=作品。
 「内田善美氏のポジ(作品)」を手にして、年をとり、『ネガ』を意識するようになると、「隠し抽斗」が開きだした。

続きを読む "タイトルの謎々(リドル)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年10月 »