« ミヒャエル・エンデのモモの「星の時計」 | トップページ | 内田善美作品と相互依存システム »

ミヒャエル・エンデのモモの謎々

三人のきょうだいが、ひとつの家に住んでいる。
ほんとうはまるでちがうきょうだいなのに、
おまえが三人を見分けようとすると、
それぞれたがいにうりふたつ。
一番うえは、いまいない、これからやっとあらわれる。
二番目もいないが、こっちはもう家から出かけたあと。
三番目のちびさんだけがここにいる、
それというのも、三番目がここにいないと、
あとのふたりは、なくなってしまうから。
でもそのだいじな三番目がいられるのは、
一番目が二番目のきょうだいに変身してくれるため。
おまえが三番目をよくながめようとしても、
そこに見えるのはいつもほかのきょうだいだけ!
さあ、言ってごらん、
三人はほんとうはひとりかな?
それともふたり?
それとも―――だれもいない?
さあ、それぞれの名前をあてられるかな?
それができれば、三人の偉大な支配者がわかったことになる。
彼らはいっしょに、ひとつの国をおさめている―――
しかも彼らこそ、その国そのもの!
その点では彼らはみなおなじ。

マイスター・ゼクンドゥス・ミヌティウス・ホラ(時間・分・秒) のなぞなぞ。
ミヒャエル・エンデのモモにある。

「作者のみじかいあとがき」とされる、「最終章」。
この話は長い汽車旅の間に、ある人が話してくれたものだと書いてある。

わたしはいまの話を
過去に起こったことのように話しましたね。でもそれを将来起こることとしてお話ししてもよかったんですよ。

そう結んだと書いてある。
この1文が、ファンタジーと現実の交わる点。
怖ろしい構造の本だと思う。

|

« ミヒャエル・エンデのモモの「星の時計」 | トップページ | 内田善美作品と相互依存システム »

相互依存しすてむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2740/57572803

この記事へのトラックバック一覧です: ミヒャエル・エンデのモモの謎々:

« ミヒャエル・エンデのモモの「星の時計」 | トップページ | 内田善美作品と相互依存システム »