TwitterとTumblr

Twitterは
内田善美さんの壱ファン https://twitter.com/uchida_yoshimi3
で、お気に入り登録をしてる。しまくってる。

件数が多くなると探すのも大変なので、favolog(ふぁぼろぐ)
http://favolog.org/uchida_yoshimi3
も登録。

あとは、Tumblr
内田善美さん関連 http://uchida-yoshimi3.tumblr.com/
リブログばっかだけど。

|

「銀河 その星狩り」 アムレード SR-71

チェリッシュ・ギャラリー 内田善美 自選複製原画集 「少年たちの記憶」
その表紙の絵。

内田善美自選複製原画集表紙

表紙は原画からの一部。上半分。

内田善美自選複製原画集からアムレード

自選複製原画集の「少年たちの記憶」という題。
「たくさんの原画=記憶の全て」から、「幾人かの少年=数枚の原画」を選ぶ。
描き手である内田善美氏が過去の作品を振り返り、「少年」から成長していく、ある一時を切り取った、という感じだろうか、普通に考えると。


でも、「銀河 その星狩り」のアムレードの絵は、そうじゃない。
大人になることなく、戦闘で命を落とした少年アムレード。彼が更に大人になれば、そうなったであろう姿ではあるまいか。
「少年たちの記憶」の題の自選複製原画集。この原画は、描き下ろしの絵と思われる。今現在、他での初出についての情報は目にしたことがない。


アムレード16歳
(秋のおわりのピアニシモ129頁)

この時、アムレードは16歳か。
髪の長さは腰くらいかな。この髪の長さも、時間を表す手がかり。

アムレード17歳
(秋のおわりのピアニシモ130頁)

その1年後なら、17歳。それから間もなく、亡くなる。

表紙は、17歳の少年の姿とは思えない。
髪の一番長いものは、太ももで、「銀河 その星狩り」では、そんなに長いものはないと思う。


これとは別に、雑誌のピンナップでも少年とは思えない青年らしき二人の姿があるので、表紙も大人の姿だと思った。

オージンアムレード


「銀河 その星狩り」の話を知っていると、アムレードが「少年たちの記憶」の表紙を飾っている「重み」が増してくる。

ただ、ここ数年、作品を読み直していて、何か、私が全て受け止めてれていない気がしていた。
何かが欠けている。何かが作品の中にあるのに、それを私が理解しきれていない、という気持ちがあった。

複製原画集の中には説明文が1枚入っていた。

説明文


短い文章の中の単語たち。
戦略偵察機 。「ロッキードSR-71」 。怪異。黒の威容。「彼にも持たせたかったのに…」。

説明文拡大

ひっかかっていた。
軍用機名に会社名がつく違和感。

「威容」が、たかだか飛行機(戦略偵察機だけど)につく違和感。
いよう【威容】の意味 - goo国語辞書:
『人や建物のりっぱで威厳のあるようす。威勢のあるりっぱな姿。』

Wikipediaには、戦略偵察機SR-71が、「当時としては画期的なステルス性能を持っており」とあった。

アムレードに持たせたかったという、米軍の戦略偵察機「SR-71」の様な怪異な黒の威容。
この表現自体が、長すぎて違和感を感じてしまった。
説明用の限られる文字数の中で見ると、米軍の戦略偵察機「SR-71」の様な怪異な黒の威容がメインで、それを織り込むために前に単語、後ろに文をくっつけた、くらいの感じ。

モヤモヤしていた。

先日、NHKスペシャル「未解決事件 File.05 ロッキード事件」を見たところ、コレだと思った。
「黒いピーナッツ」という言葉を思い出す。賄賂の単位に、「ピーナッツ」を使っていたと記憶してたので、「黒の威容」がつながった。
機体の黒だけではない、他の「黒」。
「黒いピーナッツ」。その黒さ、異様さ。

民間航空機購入絡みではなく、捜査では明らかにできなかった、軍用機購入絡みの汚職。

ロッキード事件は1976年2月に発覚した汚職事件
1972年7月第1次田中内閣成立
1974年12月内閣総辞職
1975年4月ベトナム戦争

対潜哨戒機P3Cが100機、1兆円。
この軍用機購入絡みの汚職は、明らかにならなかった。


テレビ番組からの書き起こしを少し。
1976年2月
防衛庁が高度の政治判断などと表現。
PXL国産化の白紙撤回など説明。
それを深夜、異例の白紙撤回。

1977年、対潜哨戒機P3C正式導入。
購入し続け、これまで100機導入。総額1兆円を超える。

アメリカに次ぐ、世界第2位の保有国。
まもなくアメリカでは新型機に切り替わる。ゆえに、日本が世界最大の保有国になる。

1兆円と比べれば、30億は「わずかな額」だ。見返りが大きいから、賄賂を仕掛ける。

ロッキード L-1011 トライスター - Wikipedia:

ロッキード社が伝統的に星や星座など天文に由来する名称をつける

これもまた、驚いた。「民間航空機事業から撤退」なら、賄賂工作も軍用機の方と思えてくるし。

星狩りって、星って、命のことで、戦争による殺し合いってことだよね。

「銀河 その戦争」だけだと、何が行われているのか見えにくくなるもの。
「銀河、その戦争による殺し合い」
なんだか、急に殺伐としてくる。

銀河って、galaxyだけど、Galaxyでもあって、地球を含む太陽系のある銀河系の銀河か。

アメリカの軍事戦略が関係することを明かした、元国家安全保障担当補佐官リチャード・アレン。
軍用機購入を迫ったアメリカの狙いを言葉にした。

日本が我々の軍用機を購入すれば、私たちは懐を炒めることなく日本の金で我々の軍事力を増大することができます。加えて私たちが望んでいた日本の軍事的役割の強化にもつながるのです。


アメリカの砂漠地帯にある軍用機の墓場。
役目を終えた200機を超すP3Cが放置されている。


「あの事件は日本にはびこる”闇”のほんの端っこに過ぎない
――――――――――ただあれ以上は触れられない(元特捜検事)」

番組冒頭の言葉。

時効となれば、起訴することも出来ず、罪に問うことはできない。
明らかに出来るまで、時効を過ぎてまで捜査できるわけじゃない。

途中で終わった捜査。それが、少年のまま亡くなった、アムレードの大人の姿と重なった。
明らかにされることなく、消えたことが、解説文の戦略偵察機「ロッキードSR-71」(ステルス性能を持つ機体)と重なった。
きちんと「偵察」できなかったから、起訴できなかったのもあるかな。


1979年12月。
複製原画集発売
説明文拡大

本来は地を駆け、天翔け、光の中で戦い続けている。そんな<生きている少年>が佳いのです。ほんとに!


地を駆け、天翔け、戦うような作品が、幾つあっただろう。

戦い続けられなかったアムレード。それは、彼が殺されてしまったから。
戦い続けるということは、敵対する相手を殺し続けるということ。
そうすれば、<生きている少年>で、居続けることができた。

こうやって、短く書かれた文章の中の「言葉を展開」していくと、怖くなってきた。
「佳い」という単語も、「よい」と読むけど、「めでたい」意味合いがある言葉かと思う。
「めでたい」とは到底思えない意味を感じた後は、もう、私の考えすぎとは思えなくなった。

言葉に長けている内田善美さんだから、行間で表現していること、言葉の裏の意味もあるわけで。
それがあるから、それを見つけたいから、私は、ファンで居続けてる。

「行間」とは、「行」と「行」の「その間」。
「行」がキラキラ、フワフワ、カワイイもの、あるいは精緻な、目に見える、絵と言葉。
「間」は、目に見えないもの、言葉になっていないもの。目に見える作品となる前の「何か」、気持ち、考え、価値観など。

見えていないものを見る。
言葉になっていないものを読む。
見えてはいたが、本当の意味までは見落としていたものを見る。
読めてはいたが、活字しか見えていなかったものを読む。

でも、まだまだ、見えない。
またまだ、読めない。

| | トラックバック (0)

「風のように…」というイラスト

1977年花とゆめ臨時増刊号AUTUMNのもの。カレンダーとして11月12日から12月31日までの日付がある。
国立国会図書館で、折り曲げたくなかったのでA4で縮小コピーしていただいたら、少女のピンクのドレスの模様が白くぬけてしまったので、B4濃度最高で再度複写してもらった記憶がある。

20130824kaze

ドレスの模様と、古代ギリシャみたいな白い衣装のひだの陰影の拡大。
Kazenoyouni

少女のドレスの黒いリボンと、黒いレース。眠る少年の衣装のひだ。裾の黒い模様が美しい。
少女の膝で眠る少年。その伸びた足を、豪華な衣装を身に着けた青年の足がまたぐ。その奥の翼を持つ者の翼が、青年の足の更に前。
立体感が素敵。

カレンダーの縦線も、12月31日で終わりじゃなく、左端まで同間隔で引かれてる。
だから、真ん中の白い部分、空白が凄く美しい。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「想う体積」「十二の日には五つの頃を」

1981年プチフラワー冬の号
「やさしい時間(とき)に・・・」
P5121723

雪降(ゆきふ)(よる)
その(おと)をみつめるように
どうして
(むかし)のことばかり
(おも)うのだろう

十二の()には(いつ)つの(ころ)

十七の(ひる)は十二と(いつ)
二十三の(あさ)
十七・・・十二・・・(いつ)
・・・(おも)体積(たいせき)ばかりが
  ふえてゆく

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

不思議な時計、24時間、ピポ王子

ハワード・パイルの「不思議な時計」。日本語タイトルはこれだけだけど。
The Wonder Clock: Or, Four & Twenty Marvelous Tales, Being One for Each Hour of the Day
不思議な時計、または、1日各時間に対応する、20と4つの不思議なお話、と訳して良いのかしら。

英文なので読めてはないのだけど、ああ、ピポ王子と同じかもって思った。
最後の24話を読んだら、「新たな1日」のように、また、1話から読み始める、と。

ピポ王子も、ピポが王様となり、息子ができて、もし息子の話を知りたかったら、最初から読めば良いと。全ての王様の息子たちのお話とほとんど似ているから、と。

Ppipoend

星の時計のLiddleも、ウラジーミルが語り始め、その記憶は読者へと引き継がれ、もう一度、ウラジーミルの話を聞きたければ、最初から読めば良い、というわけで。

不思議な時計、不思議な時間。
それならば、星の時計と、星の時間。
星の時計とは、「めったにあらわれないような星の時間を、確実に教えてくれる時計」のこと。

ミヒャエル・エンデのモモの「星の時計」

めったにあらわれないような星の時間。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エディトリアル

エディトリアルデザイン editorial design
新聞・雑誌などの印刷物で、写真・イラスト・図形などをそれぞれの機能に応じて整理配列し、その全体を視覚的に表現し構成する編集技法。
コトバンク デジタル大辞泉

20130716_1

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ソムニウム夜間飛行記」的配置

以前に投稿した呟き。

内田善美氏のソムニウム夜間飛行記のカバー。鏡に映った反転画像。背表紙、鏡の裏側から見る反転された世界。事実の裏側、ファンタジーの裏の現実。相互依存システムに基づいた表現が、僕は好きだ。 pic.twitter.com/VtWkkXb1

— 内田善美さんの壱ファン (@uchida_yoshimi3) 2011年10月22日

Dsc_0567_2

20110717

『ソムニウム夜間飛行記』という本の中身は、「写真」集。
各ページ、色を反転させた、ネガとポジ。
それを、更に鏡に映したように、反転。
算数なら、マイナス反転を更にマイナス反転させると、結局プラスだけど、
この「反転の反転」は、元と同じ物、というわけではない。

裏を見て、更にそれの裏を見る。
そのまま見たのでは、見えない物が、そこに存在するってことかなぁと。
「内田クンの秘密の暗号」と呼ばれてたり、
私は、隠し抽斗(ひきだし)と呼んでる。
相互依存システム、ってのも。

写真」集だと思ったのは、3刷になっても、薄い色の印刷の上に黒ではっきり印刷された紙が貼られていたから。それも、ベッタリと「いかにも訂正」として貼ったのではなく、ちょこっとだったり、上辺だけだったりなので。
めくったりしてるうちに、「うーん」と疑問符だけは残ってて、何年か越しで思いついた答え。

Dsc_0579

分厚い本の文章間違いで、訂正の紙が入れられていることは、確かにあるけれど。
イラスト集で、色の間違いが2ページもあって、それが3刷まで放置ってのは、流石に無いと思って。
だとしたら、それはもともとの「仕掛け」だなと思ったら、「写真」か。あ、「写真集」だって。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇の樹の花のほとりに

Dsc_0512

薔薇(ばら)()(はな)のほとりに (かれ)は その()も優しく (かた)って ()った

『海にいる黄色い船から君へ』の亜里のイメージが印象に残っているため、葵(あっちゃん)の大人になった姿と思ってたのだけど、髪にまで薔薇があり、すっきりとした立ち姿と、右手に薔薇の花束、左手には薔薇を一輪と、薔薇づくしなので、薔薇の精にも思えた。

薔薇の木のほとり。
そこには、少年の墓があるように思う。
だから、少年は小さく描かれていて、星くずのようなものは、遺灰のイメージも重なってるかと思う。

薔薇の精と墓。
それに、薔薇を抱えて墓参りにくる葵(あっちゃん)を重ねてしまうのは、相互依存システムの起動、かな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

死と別れから始まる「船出」の本

最初のコミックス「星くず色の船」
4作品中、1つには明らかな死、2つには死が隠されて、1つは(発表当時は)永遠の別れとなっている。
『イブによせて』の、ノンの死。
『パンプキン パンプキン』の永遠の別れ。続編があるので、「(当時は)永遠の別れ」という書き方になるけど。
『海にいる黄色い船から君へ』の、志津桜。死んで海にいる黄色い魚となってしまうという予感。
前に書いた、『星くず色の船』で感じた死の予感。

漫画家として初めての本なら、普通なら嬉しいもののはずだ。
それなのに、死と別れが見え隠れする作品たちが並べられている。

私たちは別れを予感するような出会いをしなかった

『空の色ににている』蒼生人への浅葱さんの言葉。

それとはの「別れを予感するような出会い
浅葱さんと冬城さんのことだと思うだろう。
もう一つの意味を考えてみる。

私、私たち、と漫画家内田善美氏との出会いは、「別れを予感するような出会い」だったのだと思う。
だから、最初のコミックスの収録作品が、死と別れを秘めたものになったのだと思う。
(それを打ち消す、ずっと一緒を期待させる銀色の糸は後々残るコミックス未収録かと)

Dsc_0529

Dsc_0530


猫を手もとに置くってことはね

出会ったその時に

もう

やがてくる別れの悲しみを

先どりしてる

みたいなところがあってね

「ああ やっぱりいってしまった」

…っていう

実現してしまった出会いの時の不安の

淋しい確認みたいのが

ぼんやり

累積してゆくような

感じ

Dsc_0531

Dsc_0533


自分の死の実態をみせることを

かたくなに拒み

風みたいに

さりげなく家出してさ



この世界の

どこか秘められた

自分の死に場所にむかって



たったひとりで

精いっぱいのおもいをこらえて

夜の底をひたすら 歩いてゆくんだ

夜の底を歩く猫に、内田善美氏が重なった。
天降る月人』を知ってからは、更に。

20130708201957


1974年りぼん7月号『なみの障害物レース』
1977年りぼん4月増刊『かすみ草にゆれる汽車』
1977年5月「星くず色の船」発売
同じ頃に『かすみ草にゆれる汽車』に不思議な時計
The Wonder Clock or, Four and Twenty Marvelous Tales, Being One for Each Hour of the Day
(不思議な時計、または、1日各時間に対応する、20と4つの不思議なお話)

ヒントを入れることと、初めてのコミックス「星くず色の船」をそのイラストにすることを決めたのだろうな。

Wonderclock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星から創る、『星くず色の船』

ドリームランドの船シリーズ」の一番最初にあげられた、『星くず色の船』。

Dsc_0468

絵に詳しい御方がいらしてTwitterとTumblrに書かれてた。
内田善美「かすみ草にゆれる汽車」からH・パイルの「不思議な時計」について
『星くず色の船』表紙のイラストは、
(ハワード)・パイルの「不思議な時計」の1枚からのものとのこと。


Wonderclock


その本のヒントが載っているのが『かすみ草にゆれる汽車』
Dsc_0516_3
の1コマ。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

モモの謎々「3人の偉大な支配者」

ミヒャエル・エンデのモモの「星の時計」

三人のきょうだいが、ひとつの家に住んでいる。
そんな出だしで始まる謎々。

星の時間をあらわす時計
家。
3人。
『星の時計のLiddell』、いや、「星の時計のリドル(謎々)」と無関係とは思えなくて。

モモが見つけたのは、「未来、過去、現在」が「時間」という「家」に居るのだという答え。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「ドリームランドの船」シリーズ